男としての自信を取り戻すバイアグラとは

医学的にはSEXの失敗率が75%を超えると

EDに悩み始めたのは40歳に近くなったころです。勃起力の減退を顕著に感じるようになり、性欲を感じても勃たないことがあるのです。挿入するほどの硬度にはならず、それなりの硬度になるときであっても挿入後に中折れすることが増えてきました。医学的にはSEXの失敗率が75%を超えるとEDに該当するそうですが、一般的な感覚としては50%程度でもEDと感じる方が多いようです。自分の場合は失敗率が50~60%といったところで、さらに勃起力が不十分になるので挿入してもあまり気持ちよくありません。そこで精力剤も試してみましたが、即効性が出るものではありません。それもそのはずで、精力剤は健康食品であり医薬品とはまったく異なるものなのです。市販されている精力剤のパッケージを見てみると、すべて健康補助食品と書かれていました。精力剤は半年くらい飲み続けましたが、状況は変化しなかったので医療機関で治療を受けることにしたのです。当初は泌尿器科の利用を考えていましたが、ED治療においては健康保険の適用外だそうです。

1. 医学的にはSEXの失敗率が75%を超えると
2. 診断の結果、動脈硬化に関連するEDだと言われ
3. 男性側にとっても勃起力が増強するのは大きなメリット

バイアグラ ED治療 ED治療プロフェッショナルガイド